小説

Thumbnail of post image 104

米澤穂信さんの「ボトルネック」を読んだ感想について紹介しています。青春要素とミステリー要素とSF要素が絶妙に絡み合った小説。救いのない展開が容赦なく主人公を襲います。バッドエンドは衝撃的でした。

小説

Thumbnail of post image 053

横溝正史さんの「八つ墓村」を読んだ感想を紹介しています。山奥のド田舎の集落が舞台のホラーミステリー。立て続けに起こる奇怪な殺人事件は読者を恐怖に陥れます。

小説

Thumbnail of post image 070

松本清張さんの「風紋」を読んだ感想を紹介しています。会社の内情をリアルに描いた作品。会社の汚い部分が描かれており、会社員なら少なからず共感する部分があると思います。

小説

Thumbnail of post image 057

伊坂幸太郎さんの「ホワイトラビット」を読んだ感想について紹介しています。物語が2転3転し、作者の罠に確実に引っ掛かります。何度も衝撃を受けるまさにエンターテインメントな1冊です。

小説

Thumbnail of post image 047

山田悠介さんの「親指さがし」を読んだ感想を紹介しています。親指さがしを行った主人公たちに次々と恐ろしいことが起こる、恐怖のノンストップ・ホラー小説です。

小説

Thumbnail of post image 028

村上春樹さんの「アフターダーク」を読んだ感想について紹介しています。独特な雰囲気が癖になる小説です。スッキリはしないがモヤモヤもしない、不思議な終わり方が癖になります。

小説

Thumbnail of post image 107

アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を読んだ感想を紹介しています。島に集められた10人が1人ずつ殺されていく物語。魅力的な設定に読者は圧倒的な没入感を味わえます。

小説

Thumbnail of post image 149

道尾秀介さんの「ラットマン」を読んだ感想を紹介しています。思い込みや勘違いが大きく影響する作品です。各所に散りばめられた伏線が回収され、最後には急展開と大きな衝撃が待っています。

小説

Thumbnail of post image 080

東野圭吾さんの「ある閉ざされた雪の山荘で」を読んだ感想について紹介しています。山奥のペンションというありふれた状況に斬新な設定をぶつけることで、全く新しい物に昇華されている作品です。想像の斜め上以上を行く展開に圧倒されました。 ...

小説

Thumbnail of post image 147

東川篤哉さんの「はやく名探偵になりたい」を読んだ感想について紹介します。鳥賊川市シリーズの6作目はシリーズ初の短編集。どれもテイストの違ったミステリーですが、いつも通りユーモアに溢れていました。