小説

Thumbnail of post image 081

松本清張さんの「点と線」を読んだ感想について紹介しています。列車の時刻表を使ったトリックが複雑で、アリバイ崩しが読みごたえがありました。昭和の時代背景を鮮明に感じることができる社会派ミステリーです。

小説

Thumbnail of post image 091

伊坂幸太郎さんの「死神の精度」について紹介しています。死神が登場する短編小説。人の「死」の判断を下す死神の物語です。美しい文章と独特な死神の世界観に引き込まれます。

小説

Thumbnail of post image 089

東川篤哉さんの「ここに死体を捨てないでください!」を紹介しています。鳥賊川市シリーズの5作目。東川ワールド全開でユーモア要素満載のミステリー。男女が軽いノリで死体遺棄をする展開です。大がかりなトリックに驚愕すること間違いなしです。

小説

Thumbnail of post image 124

松本清張さんの「砂の器」を読んだ感想について紹介しています。刑事が1つの事件を執拗に追っていく、超本格推理ミステリー。物語の陰鬱な雰囲気が、ミステリーとしての深みを醸し出しています。1960年代の日本の時代背景も良い味を出しています。 ...

小説

Thumbnail of post image 078

東川篤哉さんの「完全犯罪に猫は何匹必要か?」を紹介しています。鳥賊川市シリーズの3作目。最初から最後までとにかく猫だらけのミステリー。猫や招き猫がきれいに伏線となり、読者をあっと驚かせてくれること間違いなしです。

小説

Thumbnail of post image 111

東川篤哉さんの「密室に向かって撃て!」を紹介しています。鳥賊川市シリーズの2作目。今作もギャグ要素がとても秀逸。本格ミステリなだけあってトリックも難解。斬新な密室トリックは必ミステリファン必見です。

小説

Thumbnail of post image 168

東川篤哉さんの「密室の鍵貸します」につて紹介しています。鳥賊川市シリーズの1作目である本書。ユーモア本格ミステリという珍しいジャンルの小説です。面白おかしい掛け合いと、本格的なミステリで物語に引き込まれること間違いなしです。

小説

Thumbnail of post image 147

宿野かほるさんの「ルビンの壺が割れた」を読んだ感想について紹介しています。今までに読んだことのないニュータイプの小説。日本一の大どんでん返しと言っても過言ではないです。ページ数は少ないので短い時間でサクッと読めます。

小説

Thumbnail of post image 180

米澤穂信さんの「儚い羊たちの祝宴」について紹介しています。最初から最後まで不気味な雰囲気が漂う作品。オチが分かると背筋がヒュッとなります。5つの作品からなる短編集でサクッと読めます。

小説

Thumbnail of post image 157

伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」についての感想・あらすじを紹介しています。
たくさんの殺し屋が登場する作品で、死の描写がとてもリアルに描かれているのが印象的でした。殺し屋や闇の組織、そして元教師が押し屋をめぐる物語が展開され ...