小説

Thumbnail of post image 161

アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を読んだ感想を紹介しています。島に集められた10人が1人ずつ殺されていく物語。魅力的な設定に読者は圧倒的な没入感を味わえます。

小説

Thumbnail of post image 061

道尾秀介さんの「ラットマン」を読んだ感想を紹介しています。思い込みや勘違いが大きく影響する作品です。各所に散りばめられた伏線が回収され、最後には急展開と大きな衝撃が待っています。

カフェ

Thumbnail of post image 140

のんびり過ごせる岡山のカフェを紹介していきます。読書やちょっとした雑談などにオススメです。

小説

Thumbnail of post image 101

東野圭吾さんの「ある閉ざされた雪の山荘で」を読んだ感想について紹介しています。山奥のペンションというありふれた状況に斬新な設定をぶつけることで、全く新しい物に昇華されている作品です。想像の斜め上以上を行く展開に圧倒されました。 ...

小説

Thumbnail of post image 034

東川篤哉さんの「はやく名探偵になりたい」を読んだ感想について紹介します。鳥賊川市シリーズの6作目はシリーズ初の短編集。どれもテイストの違ったミステリーですが、いつも通りユーモアに溢れていました。

小説

Thumbnail of post image 086

伊坂幸太郎さんの「フーガはユーガ」を読んだ感想について紹介します。理不尽な環境で強かに生きる双子の物語です。理不尽さや悲惨さの中にも、温かさや懐かしさを感じることができる作品です。最後の怒涛の展開には圧倒されること間違えなしです。

MCバトル

Thumbnail of post image 068

DJ chaka(チャカ)さんのオリジナルビートって良いですよね。今回はchakaオリジナルビートがかかったバトルで、特に自分が好きなバトルを紹介します。どれも中毒性が高くて、聞き心地が良いバトルばかりです。若手MCのバトルが多めかな ...

小説

Thumbnail of post image 169

松本清張さんの「点と線」を読んだ感想について紹介しています。列車の時刻表を使ったトリックが複雑で、アリバイ崩しが読みごたえがありました。昭和の時代背景を鮮明に感じることができる社会派ミステリーです。

MCバトル

Thumbnail of post image 001

今回はラッパーの呂布カルマさんが負けた試合を紹介します。現役最強と名高い呂布カルマさんですが、若手ラッパーに負けることもあります。最近のバトルシーンでで若手に負けた試合を紹介します。

MCバトル

Thumbnail of post image 175

若手バトルMCのイケてる音源を紹介しています。最近MCバトルが流行っていますが、バトルMCの音源はまだまだ知名度が低いと感じます。魅力的な音源がたくさんあるので、自分的にオススメな音源を紹介します。