小説

Thumbnail of post image 002

アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を読んだ感想を紹介しています。島に集められた10人が1人ずつ殺されていく物語。魅力的な設定に読者は圧倒的な没入感を味わえます。