小説

Thumbnail of post image 015

宿野かほるさんの「ルビンの壺が割れた」を読んだ感想について紹介しています。今までに読んだことのないニュータイプの小説。日本一の大どんでん返しと言っても過言ではないです。ページ数は少ないので短い時間でサクッと読めます。