小説

Thumbnail of post image 089

村田沙耶香さんの「コンビニ人間」を読んだ感想について紹介しています。第155回芥川受賞作品で衝撃作ということで期待値は高かったですが、期待を裏切らない面白さでした。「普通」とはなにかを問う作品で、非常に考えさせられました。