小説

Thumbnail of post image 156

米澤穂信さんの「ボトルネック」を読んだ感想について紹介しています。青春要素とミステリー要素とSF要素が絶妙に絡み合った小説。救いのない展開が容赦なく主人公を襲います。バッドエンドは衝撃的でした。

小説

Thumbnail of post image 167

米澤穂信さんの「儚い羊たちの祝宴」について紹介しています。最初から最後まで不気味な雰囲気が漂う作品。オチが分かると背筋がヒュッとなります。5つの作品からなる短編集でサクッと読めます。

小説

Thumbnail of post image 168

米澤穂信さんの小説「氷菓」を読んだ感想について紹介しています。主人公の奉太郎が高校の古典部の謎について解き明かしていくストーリーです。高校生活の青春とミステリーがマッチしていて、甘酸っぱい気持ちで読むことができる小説です。

小説

Thumbnail of post image 183

つぼみの愛してやまないミステリ作家、米澤穂信先生の小説について語ります。